総合理学プログラムTOP > カリキュラム
ページの本文を印刷

自然科学の基礎を幅広く学修したうえで、興味・関心に応じた専門分野に進むことができます。必修科目を抑え、選択必修を充実、自由度の高い履修を可能にしました。 1年次においては高校での勉強を補足する入門的科目(数学・物理・化学・生物・情報等)や基礎科目を修得。 2年次では科学技術英語や統計力学、量子力学を含め、総合的な基礎分野の知識を修得し、3年次からのより高度な実習・研究に備えます。 4年次では卒業研究を理学部3学科の研究室で行います。 また、教職を志望する学生にも配慮したカリキュラムになっています。

注目授業

自然の歴史
[1年次・主要科目]
歴史、それは果てしない時の流れと変遷
現在の人間社会が形成される以前には、人間となるべき“ヒト”が出現しています。 そもそものはじまりは宇宙です。この科目は、壮大な「歴史」を自然科学で捉えるユニークな企画です。宇宙の成立、生命の進化、そして人間の生産活動のありさまを理学部の3教員が交代で講義します。さまざまな視座から、われわれ自身の立ち位置を考えます。
総合理学演習
[1年次・主要科目]
科学に対するアプローチの仕方を多面的に学ぶ
物理、化学、生物、情報および科学全般の基礎概念についての「手作り英文テキスト」を読み解くとともに、科学に対する正しい態度を学びます。約20人編成で4つのクラスに分かれ、4分野・4人の教員が交代で、15回の授業を指導します。小さい部屋で学生一人ひとりと緊密なコミュニケーションを取りながら行う"対話型"の授業です。
科学概論
[2年次・主要科目]
科学の全分野を横断的に概観し、幅広い視野を養う
この講義では、科学の定義、科学の哲学、科学の研究、科学者の共同体、科学における不正行為、科学と社会や文化などを学び、科学を概観することを目的とします。STAP細胞事件が大きな問題を引き起こしたことからもわかるように、科学全般の理解は、理系の学生にとっては欠くことのできないものであり、文系の学生にとっても重要です。
サイエンスコミュニケーション
[2年次・主要科目]
もっと、科学を魅せるサイエンスコミュニケーション
大学で身につけた科学知識を、専門から一歩離れた社会の中でも活かすには、内容を正しく示すことだけでなく、深みをもって科学の醍醐味を理解し、相手の興味にあわせた伝え方をすることが大切です。この授業では、現職の「科学史家」「科学研究者」「科学コミュニケーター」といった専門家が、科学の見方・伝え方を講義しています。
文化財基礎化学
[2年次・化学・生物系科目]
文化財を守り、深く知るために化学ができること
性質上制約がある文化財試料の保存・修復技術。これらについて、材料からみた文化財、計測分析法、保存環境や保存技術について学びます。材料や手法では、できる限り実物に触れ、難しい場合は写真を提示し、文化財化学を身近に感じてもらえるよう指導していきます。
eビジネス論
[3年次・関連科目]
日ごろ何気なく使用しているツールを通じてビジネスを体感
ビジネスは、ウェブが活用されている主な領域のひとつです(厳密にいうとe-ビジネス)。e-ビジネスのモデルは、①生産過程 ②顧客中心過程 ③経営過程の3つのカテゴリーに分類できます。この授業では、主に顧客中心過程(e-コマース)について学びます。学修するモデルは、ビジネス以外の領域にも当てはめることができます。

カリキュラム

神奈川大学シラバス
  1年次 2年次 3年次 4年次
A
主要科目 自然の歴史
PCリテラシー
総合理学演習
サイエンスコミュニケーション
科学概論
  総合理学研究 Ⅰ・Ⅱ
輪講 Ⅰ・Ⅱ
B
実験科目   物理学実験 Ⅰ
基礎化学実験
情報科学実験 Ⅰ
生物科学実験 Ⅰ
物質科学実験 Ⅰ・Ⅱ
生物科学実験 Ⅱ
地学実験
物理学実験 Ⅱ
情報科学実験 Ⅱ
 
自然・情報系科目 情報科学リテラシー
情報科学概論
離散数学 Ⅰ
プログラミング Ⅰ
プログラミング演習 Ⅰ
計算機システム基礎
プログラミング Ⅱ
プログラミング演習 Ⅱ
アルゴリズム論 Ⅰ
計算機論理回路
オペレーティングシステム
データベースシステム
コンピュータネットワーク
確率統計学 Ⅰ・Ⅱ
生物学の歴史
情報検索
物理学の歴史
心の情報処理
知識情報処理
計算機アーキテクチャ
情報システム論
情報ゼミナール
化学史
 
数学・物理系科目 [解析 A群]
解析 Ⅰ・Ⅱ
[線形代数 A群]
線形代数 Ⅰ・Ⅱ
[解析 B群]
数学概論Ⅰ
[線形代数 B群]
数学概論Ⅱ

集合論
物理学概論 Ⅰ・Ⅱ
力学 Ⅰ
解析 Ⅲ
線形代数 Ⅲ
代数学 Ⅰ・Ⅱ
確率論 Ⅰ・Ⅱ
幾何学 Ⅰ・Ⅱ
力学 Ⅱ
微分方程式 Ⅰ
複素関数論 Ⅰ
電磁気学 Ⅰ
量子力学 Ⅰ
熱・統計力学 Ⅰ
数理・物理学研究法
数理統計学
複素関数論 Ⅱ
微分方程式 Ⅱ
計算物理学 Ⅰ
電磁気学 Ⅱ
熱・統計力学 Ⅱ
量子力学 Ⅱ
確率過程論
数理物理学
数物ゼミナール
半導体物理学
化学・生物系科目 化学概論 Ⅰ・Ⅱ
基礎無機・分析化学
基礎有機化学
無機化学 Ⅰ
(物理無機化学)
有機化学 Ⅰ
分析化学 Ⅰ
(古典分析)
化学概論
生物学概論 Ⅰ・Ⅱ
基礎生物化学
細胞生物学 Ⅰ
生態学 Ⅰ
分子生物学 Ⅰ
基礎遺伝学
基礎物理化学 Ⅰ・Ⅱ
無機化学 Ⅱ
(典型元素化学)
有機化学 Ⅱ
生物化学 Ⅰ
動物生理学 Ⅰ・Ⅱ
生物学概論
分析化学 Ⅱ
(機器分析入門)
化学表現 Ⅰ・Ⅱ
進化生物学 Ⅰ
植物生理学
動物発生学
植物発生学
文化財基礎化学
化学研究法 Ⅰ・Ⅱ
生態学 Ⅱ
分子生物学 Ⅱ
細胞生物学 Ⅱ
応用環境化学
化学工業概論
総合生物学演習
生物物理化学
 
C
関連科目 数学演習 Ⅰ・Ⅱ
情報基盤と情報倫理
天文学概論
応用数学 Ⅰ・Ⅱ
情報職業論
立体化学
科学技術英語 Ⅰ・Ⅱ
地学概論 Ⅰ・Ⅱ
数値計算
分子構造決定法基礎
物理化学 Ⅰ
(量子化学)
有機化学 Ⅲ
無機化学 Ⅲ
(遷移元素化学)
代数学応用
応用数理 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
数理統計学応用
知能システム論
分散処理
流体力学
計算物理学 Ⅱ
オブジェクト指向プログラミング
画像情報処理
コンピュータグラフィックス
物理化学 Ⅱ(熱力学)
有機化学 Ⅳ
無機化学 Ⅳ(生物無機化学)
分析化学 Ⅲ(機器分析)
eビジネス論
生命倫理
固体物理学
数学思想史
原子核・素粒子物理学
相対性理論・宇宙論

※上記カリキュラムは 2016(平成28)年度の専攻科目名のみを掲載しています。より詳細なカリキュラムは大学ホームページでご確認ください。
※総合理学プログラムの必修科目のほか、分属先の学科で必修科目を指定している場合があります。
※総合理学プログラムでは、3年次進級時に「進級制度」を設けています。

 
 
ページの先頭へ